会社案内

経営方針

1、私達は、常にお客様のニーズに応え、お客様の満足と信頼を獲得することにより、豊かな社会の創造に貢献します。

2、私達は、一人一人の個性を発揮して生活活動に励み、常に向上心を持って新しい技術や方法にチャレンジします。

3、私達は、相互信頼を基に、お互いの長所を引き出し、明るく元気で健康的な会社を目指します。

4、私達は、「コンプライアンス」を遵守し、社会のルールを守ります。

会社概要

社名 株式会社 太平金属工業所
代表 石津毅一
役員 石津里美
萩原利元
所在地 【本社】
〒132-0022
東京都江戸川区大杉1-16-2
TEL:03-3652-8148
FAX:03-3652-8148

【本社工場】
〒279-0002
千葉県浦安市北栄4-7-21
TEL:047-351-8490
FAX:047-353-6390
営業品目 ■取扱加工
・金型製作(外注)
・順送プレス
・単発プレス
・スポット溶接
・アーク溶接(外注)
・ASSY(アッセンブリー)
・各種表面処理(外注)
 ・バレル研磨
 ・亜鉛メッキ
 ・カチオン電着塗装
 ・ジオメット
 ・その他


■取扱品目
・バックドアロック
・シートロック
・シートヒンジ
・シートストライカー
・カラーインソール
・スリンガーエンジン
・キャップアジャスト
・バキュームコネクター
  等の自動車部品
・軽天部品
・サッシ部品
・フェンス部品
・倉庫金具
・物置金具
・各種ブラケット
  等の建築用部品
・その他、鉄・ステンレス等の
加工全般
資本金 2,000万円
主要取引先 (敬称略)

株式会社 啓愛社
三井金属アクト 株式会社
株式会社 テクノアソシエ
ヴァレオジャパン 株式会社
エルリングクリンガー・マルサン 株式会社
株式会社 伊澤製作所
株式会社 鈴木製作所
株式会社 石辺製作所
株式会社 中村製作所
株式会社 大森製作所
株式会社 樋口製作所
株式会社 大栄製作所
大沼鉄工 株式会社
株式会社 丸昇酸素工業所(アキテック(株)殿分)
株式会社 能重製作所
株式会社 スカイウェーブ
株式会社 久保田製作所
東京リベット工業 株式会社
株式会社 東京ボックス
大場紙器印刷 株式会社
有限会社 村岡製作所
熊田製作所

■鋼材仕入先
三井金属アクト株式会社
株式会社 啓愛社
普代産業 株式会社
スズヤス 株式会社
大和五十鈴 株式会社
株式会社 能重製作所
荻島鋼材 株式会社
岡崎鉱業 株式会社
東京スチールポリッシュ 株式会社

■金型・治具仕入先
大沼鉄工 株式会社
秋山製作所
高梨製作所
有限会社 青木金型
有限会社 原金属プレス型製作所
有限会社 高橋製作所
株式会社 早川製作所
中島電機

■プレス・溶接協力メーカー
株式会社 樋口製作所
株式会社 丸昇酸素工業所
株式会社 ヨシズミプレス
有限会社 村岡製作所
有限会社 保坂工業
池田製作所
鈴木製作所
石崎工業所
山中製作所
株式会社 石橋製作所
有限会社 岩瀬プレス工業

■表面処理協力メーカー
株式会社 大協製作所
太田鍍金工業 株式会社
昭和電化工業 株式会社
株式会社 MCシステムズ東日本
有限会社 小杉鍍金工場
株式会社 土屋製作
さくらGS 株式会社
株式会社 京浜サンデール
取引先銀行 日本政策金融公庫 本店 
東京シティー信用金庫 押上支店
三井住友銀行 行徳支店
みずほ銀行 新浦安支店
千葉銀行 新浦安支店

沿革

昭和31年2月 先代が墨田区において創業を開始する。
昭和31年6月 自動車部品の製造を始める。
昭和35年12月 法人を設立する。有限会社太平金属工業所とする。
昭和36年10月 本社及び工場を江戸川区に建設し、移転する。
昭和42年12月 倉庫及び事務所を増築し、管理体制の強化に努める。
昭和48年7月 千葉県浦安町に生産部門を移転、本社工場は営業業務及び製品倉庫とする。
昭和48年7月 千葉県浦安町に生産部門を移転する。
昭和49年12月 組織変更し、株式会社太平金属工業所とする。
昭和52年10月 資本金2,000万円に増資する。
昭和55年3月 事務所・工場・倉庫を増設し、本社業務を浦安工場に統一する。
昭和61年4月 コアロボットを導入し、プレスの合理化をはかる。
昭和63年4月 ラインペーサーを導入し、プレスの合理化をはかる。
平成元年9月 千葉県山武郡芝山町に工場用地取得する。
平成2年8月 150t自動プレスを増設する。
平成4年8月 150t自動プレスを増設する。
平成5年7月 組立部門の作業環境を改善し、品質の向上をはかる。
平成6年2月 コンデンサー式プロジェクション溶接機を新設する。
平成6年7月 200t自動プレスを新設する。
平成7年7月 プレス・溶接部門の作業環境を改善し、品質の向上をはかる。
平成8年5月 リベッティングマシン1台新設する。
平成9年9月 リベッティングマシン3台増設する。
平成10年5月 リベッティングマシン1台・プロジェクション溶接機1台増設する。
平成11年9月 リベッティングマシン2台・ナットフィーダー1台増設する。
平成12年5月 リベッティングマシン2台増設する。
平成13年7月 エアプレス2台・ナットフィーダー2台新設する。
平成15年1月 千葉県山武郡芝山町に古部品倉庫を新設する。(成田倉庫)
平成15年5月 110tプレス新設する。
平成15年7月 ISO9001−2000認証取得し、継続的改善を目指す。
平成15年9月 品質確保課を新設し、品質の工場を目指す。
平成17年4月 溶接用押込み試験機を増設する。
平成17年7月 スポット溶接機を新設する。
平成19年8月 ナット締付機を新設する。
平成20年8月 200t自動プレス(サーボモーター)を新設する。
平成21年7月 ISO9001−2008認証取得し、継続的改善を目指す。
平成21年9月 インバーター溶接機を新設する。
平成22年3月 12月の創立50周年を目前に、ホームページを公開し、
新しいお客様とのお取引を期待する。
平成22年12月 会社創立50周年を迎える。インバーター溶接機を増設する。
平成23年3月 東日本大震災。浦安市沿岸部に大きな被害、弊社は殆ど被害無し。
平成23年7月 工場1階の照明をLED化し省エネを図る。
平成26年1月 キーエンス画像測定器を新設し、寸法測定結果を記録に残せるようにする。
平成26年3月 工場2階及び事務所の照明をLED化し社内照明を全てLED化、更に省エネを図る。
平成26年2月 ものづくり補助金が採択され、デジタルスコープとシャッターガードの導入が
決定する。
平成27年1月 直流インバーター溶接機を増設する。
デジタルマイクロスコープを新設し、溶接溶込試験を記録に残せるようにする。
平成27年5月 工場内油煙対策のため工場用空気清浄機を2台設置し、作業環境を向上する。
平成27年6月 工場屋根を重ね張り、外壁及び食堂屋根を塗装、
シャッターを交換し、外構をメンテナンスする。
平成27年7月 150tプレスダイクッション付きを新設する。
平成27年8月 シャッターガード9台の新設が完了し、単発プレスの安全性と生産向上を図る。
平成27年7月 ISO9001-2008認証を更新し、品質の安定と向上に努める。

▲ページのトップへ戻る

営業品目
■取扱加工
・金型製作
・順送プレス
・溶接加工
・表面処理
・アッセンブリー(ASSY)

■取扱品目
・バックドアロック
・シートヒンジ
・ストライカー
等の自動車部品
・サッシ部品
・倉庫金具
等の建築用部品
・その他、鉄・ステンレス等の
加工全般
製造業の企業価値向上に役立つポータルサイト『WA(ダブルエー)』
製造業の企業価値向上ポータル